動画配信サービスを比較し、見逃したドラマを観るのにぴったりの動画配信サービスをご紹介しています。

動画配信サービス比較|見逃したドラマを観るならどれがおすすめ?

dTVレンタル方法

動画配信サービス

dTVの評判と使い方|レンタル方法とテレビで映す場合の留意点

「dTV」はドコモが提供する動画配信サービスです。

現在ではドコモユーザー以外でも利用できるようになり、多くの人が利用しています。

dTVには月額制の「見放題」作品以外に、追加料金を支払うことで視聴できる「レンタル」作品もあるのが特徴です。

レンタル作品は主に新作映画などですが、中には旧作であってもレンタル作品となっているものもあります。

今回はdTVのレンタル方法とレンタルする際の留意点やTVに映す場合の方法をご紹介します。

dTVのレンタル方法

「見放題」と「レンタル」作品を見分けるのは作品タイトルに「¥マークがついているか」です。

レンタル作品には¥マークがついているので一目で見分けることができます。

レンタル料金は作品によって異なりますが、1本100円から500円ほどとなっています。

またレンタルするときに画質を選択することもできます。

支払いはドコモユーザーであればキャリア決済が利用可能です。

それ以外の方はクレジットカードかdカードでの支払いとなります。

レンタル方法は、レンタルする作品の詳細ページから料金を選択します。

画質によってレンタル料金が違うので、見たい方の画質を選択してクリックしましょう。

クリックすると支払方法の選択画面が表示されるので、登録した支払方法かdポイントで支払うかを選択します。

その後ログイン画面が表示されるので、dアカウントでログインします。

するとdマーケットの決済画面が表示されるので、決済内容を確認し、問題なければパスワードを入力します。

決済が完了すると、決済番号や内容が表示され手続き終了となります。

決済完了後は、30日以内に再生しばければなりません。

そして再生を始めたら、48時間以内に視聴する必要があります。

48時間を過ぎるとレンタル期間は終了となるのでご注意ください。

視聴方法は、ログイン後に「マイリスト」から「レンタル中」を選択し、リストから視聴したい作品を選んで再生ボタンを押すだけと簡単です。

dTVでレンタルする際の留意点

配信している動画には配信期限を設けている動画もあります。

配信期限を過ぎるとdTVでの配信は終了してしまうので、見ることができなくなってしまいます。

このため配信期限が近付いている作品をレンタルするときには注意が必要です。

またレンタルした時には配信期限が設定されていなかったのに、途中から配信期限がつく場合もあります。

レンタルしたらなるべく早めに視聴するようにしましょう。

もちろんうっかり見ることを忘れてしまって30日以内に視聴できなかった場合にも、返金はされません。

dTVをテレビで見る簡単な方法

dTVをテレビで見る簡単な方法をご紹介します。

コスパ勝負ならHDMI接続

dTVをスマホで受信し、TVにHDMIケーブルでつなぐ方法が一番格安にできます。

この方法は、スマホのバッテリーの消耗を早めますので、常時、dTVでドラマなどを観る場合は、専用端末を使いましょう。

Fire TV・Fire TV Stick

コスパが良いのが、AmazonのFire TV やFire TV Stickです。

Fire TV Stickは、価格も5,000円前後と安く、TVに差し込むだけで観られますので、便利です。

4K画質で観たい場合は、Fire TVがおすすめです。

有線LANで快適にdTVの作品を観られます。

もちろん、Amazon PrimeやHulu、 U-Nextといった動画配信サービスも観られますよ。

Apple TV

iTuneをよく使われている方は、Apple TVがおすすめです。

dTV、Hulu、U-NextやYoutubeなど幅広い作品を鑑賞できますよ。

-動画配信サービス

Copyright© 動画配信サービス比較|見逃したドラマを観るならどれがおすすめ? , 2019 All Rights Reserved.