動画配信サービスを比較し、見逃したドラマを観るのにぴったりの動画配信サービスをご紹介しています。

動画配信サービス比較|見逃したドラマを観るならどれがおすすめ?

U-NEXT

グッドワイフ

見逃したドラマ・TV番組

グッドワイフを見逃した方に1話から観る方法を紹介

更新日:

常磐貴子さん主演の弁護士ドラマグッドワイフ(Good Wife)。

ハラハラドキドキのストーリー展開が面白いですね。

常盤貴子さんの素敵な弁護士姿も魅力です。

このグッドワイフに韓国ドラマ版があるのをご存知ですか?

両方見比べてみるのも楽しいですね。

では、日本版グッドワイフのあらすじや感想をご紹介します。

グッドワイフ 第1話のあらすじ

有能な若手弁護士だった蓮見杏子(常盤貴子)は出産を機に引退し、夫で東京地検特捜部長の蓮見壮一郎(唐沢寿明)と2人の子供を育て、16年間幸せに暮らしていました。
ところがある日、壮一郎に汚職疑惑と不倫疑惑が発覚し、幸せな家庭は崩壊の危機に陥ります。

報道が過熱するマスコミに対し、壮一郎は記者会見を開き汚職疑惑は否定。不倫については認め謝罪をしますが、汚職容疑で逮捕されてしまいます。

杏子は夫の裏切りに傷つきながらも家庭を守るために弁護士復帰を決意します。
しかし16年のブランクは高い障壁となり、なかなか就職先が見つかりません。
そんな杏子を司法修習生時代の同期で神山多田法律事務所の代表・多田征大 (小泉孝太郎)が救い、仮採用したのでした。

半年後の本採用は1枠。

同じく仮採用の朝飛光太郎(北村匠海)と杏子は本採用の座を争うことになります。

杏子が復帰後初めて取り組む裁判の相手は、人気キャスター日下部直哉(武田鉄矢)。

スーパーで女児が行方不明になった事件で日下部は自身の番組中、母親が犯人の可能性が高いと発言し、世論に押しつぶされた母親は自殺してしまい、女児の父親が名誉棄損で提訴したのでした。
表現の自由を巡り、双方の激しい争いが始まります。

グッドワイフ 第1話の感想

16年のブランクから弁護士の勘をまだ取り戻せない杏子を支える多田の姿が頼もしく素敵でした。
また日下部が杏子の夫の件で杏子を攻撃する場面などは武田鉄矢さんの演技力にただ脱帽するばかり。
ちょっと怖かったですが…。
パラリーガルの円香みちる(水原希子)が元は検察事務官で壮一郎の部下として働いたことがあり、あまり良い感情を持っていないことなどは今後どう影響していくのでしょうか。

とにかく見て良かったと思えるドラマであることは間違いないです。

グッドワイフ 第1話の見どころ

久しぶりに連ドラに出演する常盤貴子さんですが、相変わらずとてもお美しいです。
その常盤貴子さんが夫の疑惑に傷つき迷いながらも家族を守るために立ち上がる女性弁護士を好演しています。
夫・壮一郎は無実なのか。
平和な家庭は取り戻せるのか。
また、杏子に想いを寄せる多田との関係の行方も気になるところです。

苦悩の中、日々の裁判で一筋縄ではいかない相手と真摯に戦う杏子の凛とした姿は感動を呼びます。

グッドワイフのキャスト紹介

◎常盤貴子(役:蓮見杏子)

生年月日:1972年4月30日
出演作:『ビューティフルライフ』『カバチタレ!』『愛していると言ってくれ』など多数
近年は映画・舞台を中心に活躍している
*役柄
優秀な弁護士だったが出産を機に引退し、夫の壮一郎と子供2人で幸せに暮らしていた。
突然の壮一郎の逮捕・失脚と不倫スキャンダルで生活が一変し、世間の好奇の目を浴びながらも家族を守るため16年ぶりに弁護士復帰する。

◎ 唐沢寿明(役:蓮見壮一郎)

生年月日:1963年6月3日
出演作:『白い巨塔』『不毛地帯』『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』など多数
*役柄
杏子の夫で前東京地検特捜部長。
収賄容疑で逮捕され失脚する。同時に女性スキャンダル発覚で世間を賑わせる。

◎小泉孝太郎(役:多田征大)

生年月日:1978年7月10日
出演作:『ブラックペアン』『ハケンの品格』『不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜』など多数
*役柄
5年前に神山に引き抜かれ、神山多田法律事務所の共同代表になる。
杏子の司法修習生時代の同期で、反対する神山を説き伏せ杏子を仮採用する。
司法修習生時代から杏子に想いを寄せていたが、杏子より成績が悪いことから告白できなかった。

◎水原希子(役:円香みちる)

生年月日:1990年10月15日
出演作:『嘘の戦争』『信長協奏曲』『失恋ショコラティエ』など多数
*役柄
神山多田法律事務所で働く有能なパラリーガル。
過去に壮一郎の下で検察事務官として働いていたが、壮一郎によってその職を追われたため杏子に対しても良い感情を持っていない。

◎吉田鋼太郎(役:脇坂博道)

生年月日:1959年1月14日
出演作:『半沢直樹』『MOZU』『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』など多数
*役柄
逮捕された壮一郎の後任として東京地検特捜部長に就く。
壮一郎をライバル視しており、壮一郎の自白を引き出そうと躍起になる。

◎滝藤賢一(役:佐々木達也)

生年月日:1976年11月2日
出演作:『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『半分、青い。』『探偵が早すぎる』など多数
*役柄
特捜部員で壮一郎の腹心の部下だったが、現在は脇坂の部下。
壮一郎の取り調べを担当している。

◎賀来千香子(役:神山佳恵)

生年月日:1961年10月17日
出演作:『七人の女弁護士』『ヤメ検の女』『ずっとあなたが好きだった』など多数
*役柄
神山多田法律事務所の共同代表。
杏子の採用に反対している。

◎相武紗季(役:遠山亜紀)

生年月日:1985年6月20日
出演作:『家政婦のミタ』『僕のヤバイ妻』『華麗なる一族』など多数
*役柄
元毎朝新聞社の記者。
壮一郎との不倫をマスコミに報道される。

グッドワイフ 第2話のあらすじ

蓮見杏子(常盤貴子)の所属する弁護士事務所に経営者・神山佳恵(賀来千香子)の父で弁護士の神山大輔(橋爪功)がやってきます。
大輔は飲酒運転で事故を起こしたうえに公務執行妨害で起訴されたが自分は無罪だと言い張り、思い通りに操れそうな新人弁護士の杏子を弁護人に選びました。

自由奔放な大輔に振り回される杏子。

杏子は裁判で公務執行妨害での逮捕が違法であったことを証明しますが、過去の強引な裁判で多くの人の恨みを買ってきた大輔の弁護は容易ではありません。

状況を打開しようとパラリーガルの円香みちる(水原希子)と大輔の逮捕当日の行動を調べていた杏子は大輔が認知症の薬を飲んで朦朧としていたことに気付きました。
薬の影響で事故を起こしたなら無罪になると言う杏子に大輔は、認知症と知られたら弁護士は続けられなくなる。娘にも言わないで欲しい、と頼みます。

守秘義務で誰にも相談できない板挟みの杏子は大輔の病気を隠したまま勝訴できる道を模索します。

一方、杏子の夫・蓮見壮一郎(唐沢寿明)の自白を引き出したい脇坂博道(吉田鋼太郎)は杏子に接触し壮一郎の疑惑を耳打ちします。
壮一郎への疑念がますます深くなった杏子は、壮一郎の汚職の証拠ををとうとう見つけてしまいました。

グッドワイフ 第2話の感想

杏子が依頼人の意を汲んで絶体絶命のピンチから逆転する爽快な回でした。
杏子が大輔の望み通りに解決したことで、大輔が杏子を気に入った様子なのは大きいですね。
共同代表の神山は杏子を本採用したくなさそうなので、今回の件がどう影響するのか気になります。

そして壮一郎。
賄賂の証拠が出てきてしまいましたが、この証拠は本物なんでしょうか。
こんなに杏子が頑張っているのだから、濡れ衣であって欲しい~。
でないと杏子が報われない。

グッドワイフ 第3話のあらすじ

蓮見杏子(常盤貴子)は多田征大 (小泉孝太郎)、朝飛光太郎(北村匠海)と共に、回送列車の脱線事故で死亡した運転士の遺族代理人になります。
相手の東神鉄道の代理人を勤めるのは河合映美(江口のりこ)という妊婦の弁護士です。
映美は形勢が不利になると妊婦であることを理由に体調不良を訴え交渉を中断させ杏子たちを翻弄します。

過重労働が事故の原因であるとして杏子側は1億円の賠償金を要求しますが、映美は運転士の居眠りが原因として50万円の見舞金を提案し、完全に対立します。

映美の揺さぶりに杏子は窮地に陥りますが、それを覆す重要な証言を得ることになります。

一方、拘置所の壮一郎(唐沢寿明)と面会した杏子は幸せに暮らしていた頃の話をし、前向きな気持ちになっていきます。
そんな杏子を多田は複雑な気持ちで見守るのでした。

グッドワイフ 第3話の感想

裁判では大逆転の完全勝利。
そして壮一郎とのいい雰囲気にホッとしたのもつかの間、東神鉄道の整備不良隠しに脇坂博道(吉田鋼太郎)が関わっていた事や、杏子が運転士の遺族代理人になることを壮一郎が画策していたことを知って杏子は動揺します。
重要な事は何一つ話さず杏子を利用するような壮一郎の行動に、見ているこちらも疑念が募ります。
杏子に想いを寄せる多田にとってはチャンス到来のようですが…。

グッドワイフ 第4話のあらすじ

前回の裁判で劇的な勝利を収めた蓮見杏子(常盤貴子)たちでした。
しかし夫の蓮見壮一郎(唐沢寿明)が脇坂博道(吉田鋼太郎)を追い落とすために杏子を利用し操っていたことを知り、多田征大(小泉孝太郎)に弱音を言ってしまいます。
涙を流す杏子を多田が抱きしめたことで、杏子は初めて多田の気持ちに気付き2人はギクシャクするのでした。

そんな時、杏子が所属する弁護士事務所に高校球児の萩原翔平(佐藤緋美)が訪ねてきます。
翔平は杏子が夫・蓮見壮一郎(唐沢寿明)の収賄事件以前に住んでいた家の近所の高校生。
そして翔平の母・萩原奈津子(須藤理彩)は壮一郎の失脚後、真っ先に杏子との縁を切った人でした。

翔平はマンションの屋上でタバコを吸っていたところを管理人に見られてしまい、警察に捜査されているといいます。
そして翔平は死亡事件の重要参考人として警察に連行されてしまいます。
翔平がタバコを吸っているところを見た管理人ともみ合いになり、非常階段から落として死亡させたという容疑です。
翔平は否認するものの友人の証言や状況証拠などで逮捕されてしまいました。

事件の検証をしていた杏子は嘘のアリバイ作りをしている生徒を発見するのでした。

同じ頃、壮一郎の起訴が決定します。
壮一郎を信じることができない杏子は裁判が終わったら離婚する意思を固めます。

グッドワイフ 第4話の感想

壮一郎の事件後、杏子を見放し一方的に縁を切ったママ友たちとの関係が露わになった回でした。
翔平を杏子が救ったことで奈津子は杏子に感謝し食事に誘いますが、杏子は断ります。
ママ友たちとの過去の辛い出来事に捕らわれず仕事を全うし、去る杏子の強さに惚れ惚れしました。

グッドワイフ 第5話のあらすじ

蓮見杏子(常盤貴子)は人気ロックスター東城数矢(宇崎竜童)の妻・ちなみ(銀粉蝶)の離婚訴訟の代理人弁護士になります。

東城はちなみと離婚し、若い恋人の小川唯奈(松本まりか)と再婚するつもりなのです。
東城の代理人弁護士である栗山美咲(芦名星)は多田征大(小泉孝太郎)の元恋人で多田を知り尽くしているため交渉は難航しますが、東城と唯奈の結婚式が来週のため急いで離婚したがっていることを知り、財産分与額を引き上げることに成功します。

そんな中、東城はバイク事故で意識不明の重体になり、ちなみと唯奈は東城の延命治療と財産を巡り、激しい争いになりますが、東城の身体から睡眠導入剤が検出され、ちなみに容疑がかかります。

同じ頃、現東京地検特捜部長・脇坂博道(吉田鋼太郎)の妻・怜子(峯村リエ)が杏子を訪ねてきます。
怜子は脇坂との離婚のため、杏子に代理人を依頼します。
脇坂が離婚に応じなければ、脇坂のパソコンの中の蓮見壮一郎(唐沢寿明)に関する情報を杏子に渡すと言うのです。

その話を聞いた杏子は壮一郎が政治絡みで逮捕されたことを悟ります。
離婚を決意していた杏子でしたが、壮一郎の保釈後に話し合いをして決めようと思うのでした。

グッドワイフ 第5話の感想

自分を捨てて若い女性に走った夫の事故後に、延命治療を望み財産を全て手放す覚悟をするちなみ。

離婚成立の交換条件としてパソコンの中の壮一郎の情報は秘密にすると約束したにも関わらず、杏子の自宅を脇坂が盗聴していることを教えてくれた怜子。

この女性たちの行動で杏子の心境に変化が起こります。
壮一郎の保釈も決定し、物語が大きく動き出しそうでとても楽しみです。

 

グッドワイフ 第7話のあらすじ

蓮見杏子(常盤貴子)は夫・壮一郎(唐沢寿明)の弁護を引き受け、記者会見を開きました。

その様子をテレビで見ていた多田征大(小泉孝太郎)は杏子の留守電に告白のメッセージを残しますが、マスコミ対応に追われる杏子が聞くことなく壮一郎に多田の告白は消されてしまい、多田は振られたと思い込んでしまいます。

 

杏子は壮一郎の弁護人として事件の全容を知ることになります。

1年前、壮一郎のもとに内閣副長官・南原次郎(三遊亭円楽)   の汚職の情報が入り、匿名の情報提供者から証拠の文書を受け取る直前に壮一郎は逮捕されてしまったのです。

事件の解明には匿名の情報提供者を探す必要がありました。

 

同じ頃、杏子の所属する弁護士事務所にはカリスマIT社長・剣持宏光(浜野謙太)からの依頼が持ち込まれ、多田と杏子、そして朝飛光太郎(北村匠海)が担当します。

剣持がモデルと思われる映画が無断で公開され、剣持を誹謗するような内容から自分のイメージも会社のイメージも、株価までもが低下したため名誉棄損で訴えたいというものです。

映画会社はモデルは創作の人物だと言い、剣持をモデルにしたことを認めませんが、杏子は証拠を掴み、剣持の希望通り映画会社のプロデューサーの謝罪動画を手に入れるのでした。

グッドワイフ 第7話の感想

壮一郎を陥れた大きな陰謀の全容が見え始めました。

 

最後の場面で杏子が壮一郎の浮気相手・遠山亜紀(相武紗季)に事件について聞くため会いに行きます。

疑惑が解明されて杏子の辛さが少しでも解消するといいのですが。

壮一郎が本当はどんな夫だったのか、家族は元に戻ることができるのか、とても気になります。

 

グッドワイフ 第8話のあらすじ

事件について聞くため、夫・壮一郎(唐沢寿明)の浮気相手・遠山亜紀(相武紗季)に会った蓮見杏子(常盤貴子)は亜希の酷い挑発を受け、何も聞き出すことはできませんでした。

 

そうするうちに壮一郎の裁判が始まります。

検察側は壮一郎が受け取ったとされる賄賂の証拠をそろえており、杏子は劣勢です。

 

再び亜希について調べ始めた杏子は、亜希に離婚歴があり、アメリカで心臓移植を受けた4歳の娘がいることを突き止めます。

その手術のために亜希は数千万円を用意していたのでした。

 

初めはシラを切っていた亜希でしたが、娘の手術の費用をある政治家から貰って壮一郎を陥れたことを認めます。

壮一郎と亜希の不倫関係は完全な嘘でした。

そして壮一郎が無罪である証拠の文書を杏子に渡す約束をしますが、亜希は駅の階段から落ちて意識不明の重体になってしまいます。

 

その後、多田が奔走した事により文書を手に入れますが、多田は事件が解決して杏子がまた壮一郎との生活に戻ってしまうことを恐れ、文書を隠すのでした。

 

グッドワイフ 第8話の感想

杏子を動揺させるため挑発する亜希に杏子は努めて冷静に真相究明します。

ブレずに目的を追求する杏子。

が、壮一郎が杏子を裏切っていなかった事が分かっても浮かない顔の2人。

色々とうまく行かなくて見ていると歯痒いです。

 

多田は心が揺れ動きすぎて、杏子を助けたいのか、窮地に追い込んで自分のものにしたいのか…。

できれば頑張る杏子のために踏ん張って助けてあげてほしい…。

グッドワイフ 第9話のあらすじ

蓮見杏子(常盤貴子)と夫・壮一郎(唐沢寿明)は裏切者が佐々木達也(滝藤賢一)であることを確認しました。

佐々木は多田征大(小泉孝太郎)の持ってきた文書のコピーを偽物と主張し、内閣官房副長官・南原次郎(三遊亭円楽)の不正の証拠を握り潰そうとしていました。

遠山亜紀(相武紗季)にお金を渡して壮一郎と関係を持たせて、壮一郎を陥れようとしていたのも佐々木でした。

佐々木は壮一郎の教え「大義のためには手段を選ばずやり通せ」という言葉の通りに行動しただけだと言います。

そして壮一郎に「あなたのつくる強い検察を見せて下さい」と言い残し、壮一郎の前で飛び降りたのでした。

佐々木亡き後、南原が汚職で逮捕されました。

事件解決で壮一郎の無実は証明され復職することになり、杏子と壮一郎の関係も元通りかと思われた時、脇坂博道(吉田鋼太郎)が杏子を訪ねてきて壮一郎の更なる過去の疑惑を耳打ちします。

一方、弁護士事務所では杏子と朝飛光太郎(北村匠海)が争っていた1枠の本採用で杏子が勝利し朝飛が事務所を去ることになります。

朝比は去り際に多田征大(小泉孝太郎)に対して、杏子が採用されたのは夫・壮一郎が検事正に復職したからだと怒りをあらわにします。

そんな中、多田からの留守電を壮一郎が勝手に消したことを知った杏子は壮一郎と言い合いになり2人の間には決定的な溝が生まれます。

そして壮一郎は脇坂に圧力をかけ多田を調べさせるのでした。

グッドワイフ 第9話の感想

いよいよ大詰めになってきました。

壮一郎と佐々木。杏子とみちる(水原希子)。

どちらも仕事を一緒にするうちに育んだ信頼や友情があり、そして許されない裏切りがありました。

みちるの涙ながらの謝罪はドラマと分かっていても本当に悲し気で胸が締め付けられました。

そして壮一郎が多田を追いつめようとしているのは杏子を巡る個人的な感情からなのかが気になるところです。もしそうなら…。

本採用されなかった朝比の怒りの矛先も多田に向かっていて波乱含みです。

グッドワイフ 最終回のあらすじ

多田征大(小泉孝太郎)が贈賄容疑で逮捕されました。

裁判官・小宮竹生(野間口徹)を多田が買収し、裁判を有利にしたという疑いです。

多田が有罪になれば弁護士事務所の存続も危ういことから事務所を上げて多田を弁護することで一致団結します。

多田の裁判が始まり、検察側の証人として現れたのは朝飛光太郎(北村匠海)でした。

朝比は、多田が小宮に封筒を渡しているのを見た、中身はお金だと聞いたと証言します。

神山佳恵(賀来千香子)は朝比が事務所を解雇され多田を恨んでいて証言に信憑性がないと反論するものの、不利な立場に追い込まれていきます。

多田の潔白を信じ、蓮見杏子(常盤貴子)は小宮に会いますが小宮は何かを隠している様子。

小宮の態度に不信を抱いた杏子が調べる中で小宮が冤罪を極端に恐れていることが分かります。

そして多田が小宮にお金を渡していたものの、それは買収ではないと判明しますが、ある理由から多田はそのことは伏せて裁判を乗り切ると言います。

その頃、杏子に完全に拒否された円香みちる(水原希子)は多田が小宮に封筒を渡している写真を検察側に渡してしまいます。

脇坂博道(吉田鋼太郎)は、みちるからの証拠写真を手に入れ、裁判で多田を追いつめていきます。

とうとう小宮にお金を渡していたことを暴かれた多田は、冤罪被害者の会へ小宮経由で寄付していたことを明かします。

そのころ杏子の夫・壮一郎は別な動きをしています。

多田からの言葉で多田を許した朝比は、壮一郎が何か決定的な証拠を握ったという情報が入ったとみちるに連絡をし、罠の可能性があるから多田の公判を止めるようにと言いますが、既に止められる段階ではなく裁判は進んでいきます。

グッドワイフ 最終回は爽快な最終回

元々とても長い原作のものを短く1クールにしているので不満を感じた方もおられるかとは思いますが、個人的にはとてもスッキリしました。

ひび割れた人間関係は修復され嫌な後味を残さず、杏子の選択は初めに期待していたものとは違いましたが、その後の家族の関係もホッとできるものでした。

壮一郎が個人的な感情で多田を追いつめようとしていると見せかけて別件を調べていたという、驚きの結末も杏子を惨めにすることがなくて救われました。

常盤貴子さんのヒロインが本当に素敵でした。

舞台や映画だけではなくまた連ドラに出てほしいと切望しています。

グッドワイフの見逃し配信

グッドワイフを見逃してしまった。

第1話から観たいという方に朗報です。

このグッドワイフは、動画配信で見られます。

無料トライアルを活用すれば無料で観られますので、無料で視聴する方法はコチラをご覧ください。

※本ページの情報は2019年3月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

-見逃したドラマ・TV番組

Copyright© 動画配信サービス比較|見逃したドラマを観るならどれがおすすめ? , 2019 All Rights Reserved.