動画配信サービスを比較し、見逃したドラマを観るのにぴったりの動画配信サービスをご紹介しています。

動画配信サービス比較|見逃したドラマを観るならどれがおすすめ?

U-NEXT

ストロベリーナイト・サーガ

見逃したドラマ・TV番組

ストロベリーナイト・サーガ 第9話|玲子に処分が

更新日:

ストロベリーナイト・サーガ」は、竹内結子さん主演のイメージが強かったですが、二階堂ふみさんもいい味を出していますね。

毎回、ハラハラドキドキしながらドラマを楽しめます。

ストロベリーナイト・サーガ 第9話のあらすじ

暴力団構成員がつぎつぎと消される連続事件を追っていた姫川玲子(二階堂ふみ)。

重要参考人の柳井健斗の居場所を突き止めるが、柳井は事切れていた。

遺書があったが、姫川玲子は黒幕がいると確信。

柳井が残した音声ファイルをもとに、姫川玲子は牧田勲が犯人だと問い詰める。

牧田の舎弟 川上義則が牧田を誤って手にかけてしまう。

川上の供述により事件は解決した。

そんな中、和田(羽場裕一)は刑事部長・長岡(小市慢太郎)の指示に逆らい、過去の失態を公表。

姫川班にも懲罰的な人事が下り、、、

ストロベリーナイト・サーガの見所

「ストロベリーナイト」と言えば、2010年にフジテレビで竹内結子さん主演のドラマが放映されていました。

今回の「ストロベリーナイト・サーガ」は、二階堂ふみさんが主演です。

竹内結子さんが務めた姫川玲子役を二階堂ふみさん、西島秀俊さんが務めた菊田役を亀梨和也さんがつとめます。

ストロベリーナイト・サーガのみどころをご紹介します。

ストロベリーナイト・サーガの予告編

2010年から2013年にかけてドラマ化・映画化され好評を博したストロベリーナイトがキャスト・スタッフを一新して戻ってきます。
姫川玲子に二階堂ふみさん、菊田和男には亀梨和也さんのダブル主演で、過去に映像化され人気の高かったエピソードに加え、新たに原作ファンに人気の『ブルーマーダー』が初映像化されます。

過去に犯罪に巻き込まれ誰とも話すことさえできなくなっていた姫川玲子を見守り勇気づけてくれたのは佐田倫子という一人の女性刑事でした。
佐田は姫川が被害者になった事件の犯人を検挙する際に犯人に刺され亡くなります。
佐田の書き残した日記を読んだ姫川は、佐田が刑事としてではなく女性同士として真剣に姫川を思い一緒に戦ってくれていた事を知ります。
そして佐田の弔い合戦をする警察の団結力に心を打たれ、自分も刑事を志したのでした。

そんな姫川を支える部下・菊田和男。
生真面目で寡黙な菊田の心の中には熱い正義感と男気が隠れています。
直観で動く姫川を菊田は献身的に支え、次第に姫川に対して特別な感情が芽生えてきます。

ストロベリーナイト・サーガの原作

原作は著者・誉田哲也さんによる大ベストセラー警察小説『姫川玲子シリーズ』で、2019年3月現在までにスピンオフ作品と短編集を含む8作品が刊行されています。
1.ストロベリーナイト
2.ソウルケイジ
3.シンメトリー
4.インビジブルレイン
5.感染遊戯
6.ブルーマーダー
7.インデックス
8.ノーマンズランド

今回のストロベリーナイト・サーガではこの中から『ストロベリーナイト』『ソウルケイジ』『インビジブルレイン』『ブルーマーダー』などが映像化されます。
前作と違う新たな見せ方などとても楽しみです。

ストロベリーナイト・サーガのキャスト紹介

二階堂ふみ(役:姫川玲子)

生年月日:1994年9月21日
出演作:『Woman』『西郷どん』『そして、誰もいなくなった』など多数
*役柄
27歳ノンキャリアで警部補という異例の昇進をした警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係の主任。
過去にある事件の被害者となり、その時の経験から刑事を目指した。
若い女性ということから偏見の目で見る者もいる中で姫川班を率い、鋭い勘で事件を解決する敏腕女性刑事。

亀梨和也(役:菊田和男)

生年月日:1986年2月23日
出演作:『野ブタ。をプロデュース 』『怪盗 山猫』『妖怪人間ベム 』など多数
*役柄
姫川班のメンバー。殺人犯捜査第十係所属の刑事で、巡査部長。
生真面目で寡黙だが根は体育会系で正義感が強く、姫川に頼りにされている。

江口洋介(役:勝俣健作)

生年月日:1967年12月31日
出演作:『救命病棟24時』『ひとつ屋根の下』『ルーズヴェルト・ゲーム』など多数
*役柄
殺人犯捜査第五係主任で警部補。
一癖も二癖もあるアクの強い刑事で、姫川を小娘扱いする姫川の天敵。
あだ名は「ガンテツ」。

宍戸開(役:石倉保)

生年月日:1966年9月4日
出演作:『三毛猫ホームズシリーズ』『刑事貴族』『ウルトラマンマックス』など多数
*役柄
姫川班のメンバー。殺人犯捜査十係所属の刑事で巡査部長。
姫川とは互いに絶大の信頼を寄せている。

中林大樹(役:湯田康平)

生年月日:1985年1月6日
出演作:『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』『めぞん一刻』『THE GOOD WIFE / グッドワイフ』など多数
*役柄
姫川班のメンバー。殺人犯捜査十係の刑事で巡査。
姫川に信頼されている。

山口馬木也(役:今泉春男)

生年月日:1973年2月14日
出演作:『剣客商売』『獣になれない私たち』『君が想い出になる前に』など多数
*役柄
殺人犯捜査十係の係長で警部。
姫川に期待し高く評価している、よき理解者。

ストロベリーナイト・サーガ 第1話のあらすじ

警視庁捜査一課の菊田和男(亀梨和也)は姫川玲子(二階堂ふみ)が率いる殺人犯捜査第十係、通称『姫川班』への移動を命じられ苛立っています。
玲子はノンキャリアでありながら若干27歳にして警部補という異例の昇進をした女性刑事。
若い女性ということから偏見にさらされながらも職務に邁進しています。

時を同じくして殺人事件が発生。
公園のため池の近くにビニールシートで包まれ、その上からビニール紐で5か所縛られた遺体が遺棄されていました。
亀有北署内には『水元公園内殺人・死体遺棄事件』の特別捜査本部が設けられ、菊田は玲子に着任の挨拶をしようとしましたが玲子の姿が見当たりません。

玲子が遅刻のまま捜査会議がスタート。
管理官の橋爪俊介(岡田浩暉)と係長の今泉春男(山口馬木也)が事件の経緯を説明し、捜査官の質疑が始まります。

遺体の身元は金原太一、34歳。
事務機器リース会社で働く営業マンでした。

遺体の腹部にある大きな傷の説明がされている時に亀有北署で研修を受けている新人キャリア警部補の北見昇(坂東龍汰)が吐きそうになり、巡査の大塚真二(重岡大毅)に心配されているところに大幅な遅刻で玲子が現れます。

会議を中断して話を聞いて欲しいと言う玲子に橋爪は怒りを露わにしますが、玲子は間違っていたら坊主になると約束し、自らの推測を話し始めるのでした。

・腹部を切り裂かれているのは水に沈めたあと浮かんで来ないようにするため。
・遺体の運搬係とは別に遺体遺棄係がいたが、遺体遺棄係がすでに亡くなっているために水中に遺棄できなかった。
・深沢康之という21歳の男が1ヶ月前にネグレリアフォーレリという寄生アメーバが原因で亡くなっていること。
・都内で水質検査をした結果、ネグレリアフォーレリは溜池以外では検出されなかった。
・深沢は保護観察中で都内から出てはいないと考えられること。

この事からため池に他の遺体が沈んでいると言うのです。
そしてダイバーを使ったため池の捜索の結果、玲子の言う通りに遺体が発見されます。

金原の生前の行動を調べていくと奇妙なことが分かります。
元々真面目で目立つことをするタイプではなかった金原が、亡くなる半年前から職場では急に大胆に営業をかけるようになり、金原の妻によると半年前から第2日曜日には必ずどこかに出掛けていたのです。

捜査が進む中、菊田は大塚が事件に入れ込みすぎていることを心配しているのですが、玲子は意に介していません。
しかし隠れて単独捜査していた大塚は廃墟となったライブハウスで遺体となって発見されるのでした。

 ストロベリーナイト・サーガ 第1話の感想

ドラマ大好き子
竹内結子さん主演の前作が素晴らしかったため、見続ける気になれるのかと不安だった今作ですが、とても良かったです。

キャストに違和感を感じるところはありますが、これはすぐに慣れると思います。

グロシーンは少な目でスリリング。

二階堂ふみさんの演技力と表情豊かな大きな瞳に魅了されてしまいました。

他のキャストの皆さんも魅力的で次回を早く見たいです。

ストロベリーナイト・サーガ 第2話 ネタバレ

玉川の土手に放置されたスクーターの荷台から成人男性の左手首が見つかり、鎌田西署に特別捜査本部が設置されます。

発見者・三島耕介(堀井新太)の証言と左手首の指紋から被害者は高岡賢一(寺脇康文)と特定されました。

高岡は高岡工務店を経営しており、三島はただ一人の従業員。

三島が出勤すると工務店のガレージが血の海になっていて高岡の姿がなかったため、警察に通報したのでした。

その後、玉川の土手で高岡工務店のスクーターが発見され荷台からは左手首が見つかり、ガレージとスクーターの血痕と左手首のDNAが一致したのです。

姫川と井岡は玉川の土手にあるブルーシートのテントに住む男に声をかけますが、病気で寝込んでいる男からは有力な証言を得る事はできませんでした。

玲子は男の言った「俺なんかに何が言える?」というキザなセリフが気になりながらも、その場を後にします。

発見者の三島は被害者の高岡にとっては息子同然の存在でした。

高岡は三島が小学5年生の時に建設現場の事故で亡くなった父親の友人で、1人ぼっちになった三島をずっと気にかけてくれていたのです。

事件解決にはやる姫川は三島の聴取をしようとしますが、日下守(神保悟志)に出し抜かれ、三島の恋人・中川美智子(山谷花純)の聴取の担当になります。

いやにおどおどして物音に敏感な美智子を見て自分と重ねる玲子。

そして美智子の父親も建設現場の事故で亡くなったことを知ります。

恋人同士の三島と美智子の父親の死因が同じであることが判明し、騒然とする捜査本部。

捜査を続けるうちに驚愕の事実が明るみになるのでした。

ストロベリーナイト・サーガ 第2話の感想

ドラマ大好き子
 始めは鬱陶しいだけに見えていた井岡博満(今野浩喜)が良い味を出してきました。

悲しいストーリーの中で、何があっても変わらずコテコテの関西弁で玲子を追い回している井岡。

玲子がガンテツ(江口洋介)に脅されている時に助けず離れた所から見ているだけなので、そういった意味では役に立たないのですが、玲子も期待していないようなのでそれでいいのでしょうね。

美智子の聴取をした後、自分に降りかかった過去の事件を思い出し夜道で立ちすくむ玲子をさりげなく送る菊田和男(亀梨和也)の場面はしんみりさせるものがあって、菊田が玲子を今後も静かに守ってくれればいいなと期待しています。

ストロベリーナイト・サーガ 第3話のあらすじ

高岡賢一(寺脇康文)が殺害された事件を追う姫川玲子(二階堂ふみ)は高岡の知人からの聞き込みで、高岡が別人である可能性に辿り着き、そこから玲子が導き出した仮説は高岡を名乗っていた男の正体が内藤和敏であるというものでした。

高岡の生命保険金のうち、1,000万円が三島耕介(堀井新太)に、5,000万円が内藤和敏の姉・内藤君江(佐久間まち子)へ支払われることになっていました。
内藤和敏には13年前の爆発事故で意識不明になり長期入院中の息子・雄太(遠山幹斗)がおり、君江が世話をしていたのです。

高岡の正体が内藤和敏なら5,000万円もの生命保険金も雄太の治療費に充てられるので説明がつきます。

更に玲子の仮説では、坂林建設で本物の高岡賢一の実家の激しい地上げ交渉の末に、立ち退きの承諾を得られないまま高岡賢一が自殺。
困った坂林建設は息子の治療費が必要な内藤和敏に戸籍の交換を持ち掛け、高岡に成りすました内藤和敏が自分の生命保険金を受け取り、坂林建設は高岡名義の立ち退き承諾書を得たというのです。

坂林建設の現場の転落事故で亡くなった三島耕介(堀井新太)の父親と同じ死因で亡くなった中川美智子(山谷花純)の父親。
2人の生命保険には戸部真樹夫(波岡一喜)という一人の男が関わっていました。

父親が亡くなって身寄りのない美智子は戸部から言いがかりをつけられ100万円の借金をするように脅され、それを断ると学校を卒業するまで面倒を見てやると言われ、交換条件として強引に体の関係を持たされたのです。

耕介は自分と同じく父親を亡くした美智子が戸部に苦しめられているのを見過ごせず、戸部を待ち伏せして殴り「二度と美智子に近づくな」と言ったのですが、これが今回の悲しい殺人事件のきっかけになったのでした。

ストロベリーナイト・サーガ 第3話の感想

ドラマ大好き子
 内藤和敏の息子・雄太と息子同様の存在だった耕介への愛情には切ないものがありました。
そこに日下守(神保悟志)の父親としての悩みや信念なども絡んでとても興味深かったです。
いつも玲子の予断を否定する嫌味な日下でしたが、登校拒否をしている息子に向き合うことができず、家庭から逃げて仕事に打ち込んでいることなどが描かれていました。

反抗期の息子に悩む石倉保(宍戸開)にだけ打ち明けられた日下の本音でしたが、家族の前で弱音を吐けない父親の辛さが滲み出ていて、色々と考えさせられました。

また日下は過去にガンテツに騙されて誤認逮捕をしたことがあり、その経験から玲子の予断だらけの捜査を心配していたのです。
ただ完璧主義者で高圧的で嫌な人だと思っていたのに、こんなに人間味のある人だったとは。
更に奥深くなっていくストロベリーナイト・サーガから目が離せません。

 

ストロベリーナイト・サーガ 第4話のあらすじ

11年前、17歳の女子高校生だった姫川玲子(八木優希)は、母親の瑞江(菊池桃子)が同窓会で帰りが遅くなるのをいいことに、遅い時間に帰路につきました。
その時、近道で通り抜けようと入った公園で玲子は見知らぬ男に襲われ、わき腹を刺されて性的暴行事件の被害者になってしまったのです。

現在、刑事になった玲子(二階堂ふみ)は2人の男性が亡くなった事件の容疑者である女子高校生・下坂美樹(山田杏奈)の取り調べをしています。
美樹は一見、清楚で優等生タイプですが玲子に反抗的な態度で挑発してきます。

この事件は監察医の国奥定之助(伊武雅刀)から玲子に直接話があったものでした。

別々の場所で劇症肝炎で亡くなった2人の男性。
まったくの無関係と思われた2人の男性からは微量の覚せい剤の成分が検出され、はっきり断言はできないものの事件性があるのでは?と考えた国奥が玲子に連絡をしたのです。

2人の被害男性の携帯を調べたところ、どちらにも下坂美樹の携帯番号が残されていました。

取り調べで挑発的な態度をとり続ける美樹は玲子だけではなく、警察組織そのものを馬鹿にし、「不祥事だらけなのにどうして刑事なんかになろうと思ったの?」と嘲るように玲子に質問をします。

玲子が刑事を目指したきっかけは一人の女性刑事・佐田倫子(吉屋彩子)でした。
事件の被害者になり、誰とも話すことができなくなっていた玲子を励まし、女性同士として心から応援していた佐田は、玲子を襲った犯人を逮捕する時に刺されて殉職しました。

「なんで刑事になりたかったのか。それは売春するしか能のないガキに話す価値はないわ」と言う玲子。

「売春なんて風俗と変わりない」と言う美樹に「風俗の人は営業許可を取った店で従業員として登録して税金も納めてる。社会で働くというのはそういう事」という玲子の言葉に、美樹は「社会なんて関係ない」と反論します。

玲子は「社会が関係ないならあなたの社会性をメチャクチャにしてあげる」と言い、美樹の周囲の人やこれから出会う人達にも、美樹が売春していたことを伝えると脅します。

必死で抵抗する美樹でしたが、玲子の迫力の前にとうとう真実を話し始めるのでした。

ストロベリーナイト・サーガ 第4話の感想

ドラマ大好き子
 取調室での玲子と美樹のヒリヒリするようなやり取りに引き込まれました。
特に玲子を挑発する場面から、玲子に負けて真実を話し自分の罪を自覚するまでの美樹の表情の変化に圧倒されました。

玲子の苦悩と家族の苦悩も描かれていましたが、妹のキツさがちょっと気になりました。
姉妹とは言え、あんなにグイグイと相手の心や事情に立ち入るものなんでしょうか?

家族だから、心配するからこそ言わなければいけない時もあるのでしょうが、まだ心の奥底に恐怖感を持っている玲子が可哀想で、あの場面は見ているのが辛かったです。

ストロベリーナイト・サーガ 第5話のあらすじ

板橋区のアパートで50代の男性が殺害される事件が発生しました。
現場に駆け付けた姫川班は高島平南署の相楽康江巡査部長(宮地雅子)から状況説明を受けます。

被害者はこのアパートの住人・吉原秀一(小林隆)、58歳。
職業はマジシャンでした。

死因は全身を数か所さされたことによる外傷性ショック死。
第一発見者は隣の部屋の住人で、ドアが開いていたため中を覗いたところ死体を発見。
凶器はこの部屋のものと思われる包丁で、指紋は拭き取られていました。

死体の近くに落ちていた折りたたみ携帯電話は開いていて『0456666*』が表示されていたということでした。

湯田康平(中林大樹)が聞き込みをしたところ「吉原が手を使わずに物を動かすのを見たことがある。彼はマジシャンのふりをした本物の超能力者だった」とアパートの管理人は証言しました。

姫川班と相楽巡査部長は手分けして聞き込みを続けます。
吉原が通っていたマジック用品店では、吉原が顔見知りらしい男と揉めていたという証言を得ました。

更に吉原の競馬仲間・青木伸介(速水竜也)に話を聞くと、谷口という男に何かをしつこく頼まれていて、吉原は断っていたとのこと。
そして吉原はペンを浮かせたりする超能力者だったということでした。

その夜の捜査会議で犯人と見られる人物の目撃情報が報告されました。
事件のあった夜、現場近くの公衆トイレで衣類らしきものを洗っている中肉中背の中年男性が目撃されていて、鑑識課を要請したところ公衆トイレから被害者・吉原の血液反応が出た。

また携帯の鑑識結果では、吉原が携帯に最後に触ったのは蓋部分で携帯は閉じた状態であり、現場の報告にあった「携帯は開いた状態で『0456666*』が表示されていた」という情報とは矛盾するものでした。

その時、菊田の携帯にマジック用品店から吉原と揉めていた男が来店したと情報が入りました。
男の名は谷口寛(兼松若人)。職業はマジシャン。

姫川班は任意同行のため谷口の元へ向かいます。
警察を見て逃げようとして暴れる谷口を見て葉山は過去のトラウマが甦り動けなくなってしまいます。

菊田が身柄を確保し、連行された谷口はマジックのタネを教えて欲しいと吉原に頼んだものの断られたのを逆恨みして吉原の私物を壊し、ネットに悪口を書いたため警察が来たと怖くなって逃げただけで吉原を殺していないと言います。

また目撃情報と谷口の背格好が違う事から犯人ではないという結論になりました。

玲子と菊田は吉原の古い友人・佐藤武彦(大堀こういち)に話を聞きます。

かつて吉原と佐藤は大工でしたが消費税引き上げの駆け込み需要の時に、近隣の大工は当時入手が困難だった建材を大量に盗まれ、吉原は期日に間に合わず借金まみれになり会社は倒産。
時期を同じくして妻も亡くなったことなどを佐藤は玲子に話します。

最近になって佐藤が当時の仲間と話をして聞いた噂を吉原に話したことで、今回の事件は起こってしまったのでした。

ストロベリーナイト・サーガ 第5話の感想

ドラマ大好き子
 犯罪を他人や国のせいにする身勝手な犯人に対する玲子の絶望感と怒り。

そして、かつて苦境に陥った吉原をガンテツの言葉が救ったことを見抜いた菊田に対するガンテツの「人が誰かの言葉で救われるなんてのは幻想だ。結局、テメエの人生決めんのはテメエなんだよ」という言葉は、犯罪の理由を他人のせいにしてきた犯人への答えでもあると思いました。

結局のところ、他人がどうあろうと、どんな環境になろうとも真面目に生きるか犯罪に手を染めるかは自分次第。
そんなメッセージを感じました。

そして菊田にとって玲子が大切な人になったことを表す場面がいくつかありました。
言葉数の少ない菊田と玲子がうまくいくのかは謎ですが…。

ストロベリーナイト・サーガ 第6話のあらすじ

路上で連続殺傷事件が発生しました。
被害者は3名で、うち1名が頸部損傷が原因の失血により死亡。
犯人は自殺未遂をして意識不明の重体。
身元の分かるものは何一つ所持していなかったため、通り魔か計画的犯行か分からないということです。

通り魔という言葉を聞いて葉山則之(葉山奨之)は、学生時代に家庭教師が通り魔に殺害された事件を思い出し息を呑みます。

犯人が最初に襲ったのは峰岡里美(黒沢あすか)。

峰岡は数か所を刺されて逃げ、通りかかった菅沼久志(市川貴之)と尾崎彩美(横田美紀)に助けを求めました。
巻き添えになった菅沼は頸部を切られ、彩美も負傷し3人の被害者は救急搬送され、病院で菅沼の死亡が確認されたのです。

彩美は親しくしていた同僚の菅沼が亡くなったことでふさぎ込み、事情聴取に応じられる状態ではなくなっています。

最初に刺された峰岡と犯人は意識不明で入院していますが、先に峰岡が意識を取り戻したため姫川玲子(二階堂ふみ)と菊田和男(亀梨和也)が峰岡の事情聴取に向かいますが、ある部分に話が及ぶと峰岡が何かを隠しているように見えます。

玲子は菊田に峰岡の身辺を調査させ、峰岡には子どもがいたことが判明します。
姫川班は峰岡が10年前に住んでいたアパートに行き、廃墟となったアパートの部屋の捜索をしていると押入れの中の子どもの白骨遺体を発見するのでした。

ストロベリーナイト・サーガ 第6話の感想

ドラマ大好き子
 子どもを愛せなかった母親と、捨てられた子どもの悲しいお話でした。
そして葉山の過去が明らかになった回でもありました。

通り魔事件のトラウマを持つ葉山だからこそ、同僚が亡くなって傷ついた彩美の心を開かせることが出来て事件解決につながりました。
彩美を説得する過程で葉山もトラウマを少し克服できたように思えました。

玲子は子どもを愛せずに勝手な言い分だけの峰岡に反感を感じながらも、自分の中の峰岡に似た部分を感じています。

私の怖い部分を知らないと言う玲子に菊田が言った「主任のそういう所は知りません。ですが主任のそうじゃない部分はいっぱい知ってますから。だから…主任は大丈夫です」という言葉に笑顔を見せて「気が楽になった」と言う玲子。

気が楽になっただけで安心はできていなくても、これが今の玲子なのです。
不安でもそんな自分を受け入れたり、戦ったりしながら生きていかなくてはいけない。

第1話でガンテツが玲子に言った「ロクな根拠もなしにホシを言い当てたり行動を読んだりできんのは、ホシと極めて近い思考回路を持ってるからだ。だから危険なんだよ、オメエは」と言うセリフが効いてきます。

ストロベリーナイト・サーガ 第7話のあらすじ

暴力団組織の六龍会の構成員・小林充(古野陽大)が殺害される事件が発生。
遺体の顔には多数の傷がついていて、菊田和男(亀梨和也)は刃物に慣れていない者がめちゃくちゃに刃物を振り回して切りつけたように見えると言い、姫川玲子(二階堂ふみ)も同意します。

被害者が暴力団員であることから、刑事課と組織犯罪対策課が合同で捜査することになり、和田徹一課長(羽場裕一)が捜査の指揮を執ることになります。

しかし組織犯罪対策課は暴力団同士の抗争として捜査をするため刑事課とは別々に捜査したいと言い出し、和田一課長が了承。

そんな中、特捜本部に一本のタレコミ電話が入ります。
ボイスチェンジャーで声を変えた電話の主は「小林充を殺したのはヤナイケント24歳」と言います。

小林充の周辺を調べると、柳井健斗という男が小林と同じ高校を卒業していたことが判明。
そして柳井健斗には姉の千恵(搗宮姫奈)がいて9年前に殺されていたことが分かりました。

姫川班が柳井健斗について捜査を始めたことを知った警察上層部からは、今後一切、柳井健斗について捜査するなと姫川班に指示が出ます。

上層部の指示に疑問を持つ玲子は姫川班の部下たちを巻き込むことを恐れて単独で捜査を続け、ある男と出会うのでした。

ストロベリーナイト・サーガ 第7話の感想

ドラマ大好き子
 単独で捜査を続ける玲子は不動産屋を名乗る謎の男・牧田勲(山本耕史)と出会い、惹かれていきます。

いつもとは違う表情で笑い、牧田を好ましい目で見ている玲子に気付いた菊田は、それでもいつもの通り無口に玲子を見守っていますが、ガンテツ(江口洋介)から牧田の正体を聞き、慌てて玲子に電話をします。

ところが菊田の前では牧田からの電話に出る玲子が、牧田の前では菊田からの電話を無視するのです。

そして雨の中、牧田に手を引かれ一緒に走る玲子を見た菊田は寂しそうな表情をしていました。
完全に玲子の気持ちは牧田に向かっていて、菊田はただの部下になってしまっています。

牧田の正体を今更知ったところで玲子の気持ちは変わらないかもしれません。
玲子の立場上、牧田との関係は許されるものではないのですが、自分が事件の被害者になってからずっとストイックに生きてきた玲子の恋ですから、そう簡単に諦められないかもしれないと思うのです。

そして警察の過去の不祥事も気になるところです。

玲子は柳井千恵を殺害したのは、当時疑われて取り調べを受けていた父親の篤司ではないと考えているのですが、玲子の読み通りなら明るみに出れば警察の大スキャンダルとして猛批判されるのは必至です。

柳井千恵の事件はたくさんの刑事たちに慕われている和田一課長が関わっていた事件なので、暴けば玲子の立場も危ういものになりそうです。

現に和田一課長を慕っている中の一人のガンテツも玲子の行動を止めるために、玲子を酷い方法で脅していました。

物語は第8話へと続きます。
自分で選んだ刑事という仕事の中で、玲子がどう生きるのか見守りたいと思います。

ストロベリーナイト・サーガ 第8話のあらすじ

不動産屋を名乗っていた牧田勲(山本耕史)の正体が西堂組傘下・極桜会の会長だと知った姫川玲子(二階堂ふみ)。
それでも玲子と牧田はお互いに似ているものを感じて魅かれていきます。

そんな中、西堂組の跡目と目されていた藤元英也(鈴木隆仁)が殺された事件で犯行に使用されたと見られる拳銃が発見されました。

その拳銃には柳井健斗(寺西拓人)の指紋が付いており、小林充殺害に続き藤本も柳井が殺害したものと捜査本部では考えられています。

今泉春男係長(山口馬木也)と橋爪俊介管理官(岡田浩暉)に呼び出された玲子は柳井の身柄を確保するように命じられ、秘密裏に牧田に情報提供を求めました。

牧田の協力の元で柳井のアパートを突き止め、玲子が菊田らとアパートを捜索すると柳井はすでに自殺しており、遺書が見つかりましたが『姉を殺された恨みを晴らすため小林を殺害し、小林を擁護してきた藤元も自分が殺害した』という内容に玲子は違和感を感じています。

ストロベリーナイト・サーガ 第8話の感想

ドラマ大好き子
 菊田は玲子が牧田に近づくのを止めようとしますが、玲子は耳を貸すことなく牧田に近づいていきます。

菊田が玲子を見つめる切ない目とは対照的に、菊田を見る玲子の目は「自分の求めていた人は菊田ではない」と語っているようで、菊田の気持ちを考えると切なくなります。

菊田こそ辛すぎる過去を抱えた玲子を支えていける人だと思っていただけに残念ですが、それでも菊田は玲子のために姫川班のメンバーを巻き込んで事件の検証をします。

その検証の中で判明した事実は玲子にとっては辛いものでしたが、玲子は女性としてではなく刑事として牧田と向き合うことになります。
しかし話すうちに玲子の牧田への気持ちが滲み出てしまい、それに対して牧田が誠実に応えようとしているように見えました。

牧田を追求する玲子。
そして牧田の舎弟・川上義則(田邊和也)の暴走による悲劇的な結末。

牧田はとっさに玲子を庇うことで、玲子に近づいたのは利用するためだけではなかったことを証明することになりました。

たった一度のキスで牧田と引き裂かれてしまった玲子の取り乱した姿を見た菊田は、もうどうにもならないものを感じているようでした。

玲子は牧田が複数の殺人と嘘を重ねていると思い裏切られた気持ちでいるようでしたが、少なくともボイスチェンジャーを使ったタレコミ電話などの工作や、柳井への脅迫などに牧田は関わっていないのではないかと、牧田の反応を見て感じました。

このまま玲子と牧田は永遠の別れになってしまうのか…。
玲子の心の中の空洞を埋める存在になりそうだった牧田がいなくなれば玲子はまた1人です。
牧田との思い出を胸に生きるにも、あまりにも短すぎる2人の時間。
玲子の悲しみが胸に迫ってきます。

-見逃したドラマ・TV番組

Copyright© 動画配信サービス比較|見逃したドラマを観るならどれがおすすめ? , 2019 All Rights Reserved.